製品紹介
Products

圧倒的な使いやすさ!「現場の声」で育ってきた水道CAD

plusCAD水道の
機能と特長

初心者でも簡単に
CADで図面作成

配管図面と日報を
ラクラク作図

配管・立面図も
自動化で手間いらず

plusCAD水道の機能と特長 初心者でも簡単にCADで図面作成 配管図面と日報をラクラク作図 配管・立面図も自動化で手間いらず

> 機能はこちら

誰でもお手軽に楽しく
図面を作成出来ます

plusCAD水道は「とにかくカンタンな操作」を追求し、極力少ないクリック回数で作図できるように設計されています。間取りは、絵を描くようにスラスラと。水回りなどを表す記号は、スタンプでペタペタと。ストレスなく、楽しく使っていただけることを第一に考えたソフトです!

さらに詳しく

水道本管の図面や日報の
作成もお任せください

給排水図面だけでなく水道本管の図面作成にも対応!直管や曲管、ドレンなどのパーツを使い直感的に図面を書くことができます。また、日報の内容から出来形図を作成できるので、ミスを予防できるうえに計算の手間も省けます。

さらに詳しく

面倒な作業を自動化!
業務効率を高めます

それぞれの自治体の書式に合わせて自動作成!図面の作成を始めるときに市区町村を指定しておく仕組みなので、自動機能は必ず適切な書式で実行されます。
現場を知らない事務員の方でも作図できるように!詳しい知識が無い方でもカンタンに図面をお作りいただけます。

さらに詳しく

 

設備投資は今がチャンス!

 

この度、弊社下記商品が、「生産性向上設備投資促進税制」における先端設備(ソフトウェア)として認定されました。

 

※詳しい内容はお近くの税務署、税理士にご相談いただくか下記HPをご覧ください。

  • 生産性向上設備投資促進税制(経済産業省)
  • 中小企業投資促進税制(中小企業庁)

plusCAD水道に込めた想い
mind

水道工事の申請・図面作成を、どこまでもラクにしたい!

水道工務店の皆様にとって、何かと面倒なのが各市区町村への申請業務ではないでしょうか。図面・書類作成で思った以上に時間がかかり、「夜遅くまでの仕事になる」「営業活動の時間が取れない」……。
そんなお悩みを、よくうかがいます。

「plusCAD水道」は、そんな皆さまのお悩みを解決するために開発された、圧倒的に使いやすい水道申請CADソフトです。どなたでも簡単に使っていただけることを第一に、操作の手間を徹底的に軽減。そして、ソフトの使い方で分からないことがあれば必ず解決していただけるよう、訪問やお電話でのサポートを充実させています。

つまり、日常的に図面作成を行われている方はもちろん、これまで申請業務をされていなかった事務の担当者・ご家族の方でも、手軽に使いこなしていただけます。申請業務の負担がグッと軽くなり、業務効率が大幅にアップしますから、新しい仕事を取るための営業活動など、その他のことに時間を有効活用していただけるはずです。

「せっかくCADソフトを導入するなら、思う存分使いこなして売上アップに繋げていただきたい!」

スタッフ一同、この想いを胸に、製品・サービスの更なる充実に努めて参ります。

plusCAD水道導入で変わりました!

お客様の声

事例1.  青森県

事例1. 青森県

株式会社トータル設備工業様

プラスバイプラスさんのplusCADを導入する前は、近所の設計士に頼んで本管や設計、機械設備の図面を描いてもらっていました。私自身、設備会社の設計部門出身なので、いろいろなCADに触ってはいました。会社を興したあとは新入社員に設計CADを指導していたのですが、マスターするまでには1年以上かかってしまいます。そこで、簡単に覚えられるCADがないかと感じていたんです。

事例2.  大阪府

事例2. 大阪府

佐向水道工業所様

うちでは昔から母が申請・父が工事という担当でした。図面は、コピーした紙から平面図を手描きしていたんですが、大変だったのは下水よりも給水の申請です。多いときは1ヶ月に80件くらい描いてましたからね。手描きしていたころ、とくに苦労したのは図面の修正です。申請する際に図面を手描きしても、工事で当初の予定とは別の位置に配管することになると、それがたったの一本だとしても、また一からすべて管路を描き直さないといけなかったんです。

事例3.  和歌山県

事例3. 和歌山県

佐野設備様

ソフトの導入前は、下水ばかりやっていて、図面は手で描きよったんよ。指定用紙が感熱式の複写紙だったから、一回でも間違えたら修正できないのが嫌やった。下水組合に口うるさい人がいて既設新設の記号が違うとよく指摘されてたし、図面を外注したときも担当から間違いを指摘されて、それを外注先へ伝えるのも面倒やったんよ。
苦労して図面や見積もりを綺麗に作って、最後の最後で間違えてやり直すときの苦労。指定用紙、一枚300円もするんやで!鉛筆で描いてボールペンで修正して、最後の最後で間違えたらやり直し……これは苦しかったね。

2分でわかるplusCAD水道CDと詳しい資料をお送りいたします。

CADを選ぶポイント
Point

水道CADソフト選びではここに注目!

水道CADのお悩みは私たちが解決します

あなたの「困った!」「どうしよう!」をお聞かせください。
サポート強化とソフト改善を重ねてきた私たちだからこそ、お応えできることがあります!

pagetop