• ホーム   >  
  • JWCAD(汎用ソフト)との違いとは

汎用CADでは叶わないきめ細かな機能を搭載した「plusCAD水道」

汎用CADでは叶わないきめ細かな機能を搭載した「plusCAD水道」

図面作成に用いるCADソフトを導入しようと考えた場合、多くの企業様が無料の汎用ソフト「JWCAD」を選択します。設備関連企業ではシェア9割に達するほどの普及率で、取引先などで用いられているケースも多いからでしょう。確かにこのソフトは広範囲で使用できる機能を備えています。

しかし、汎用ソフトは何にでも使える半面、有償の専用CADソフトに比べると
業界に特化した機能やサポートに欠けるのも事実なのです。

  • JWCADとplusCAD水道の比較
  • オートマ車のアクセルを踏むだけで運転できるように、マウスクリックだけで操作できる
  • 導入効果は想像以上!業務効率化でプライベートも充実!

JWCADとplusCAD水道の比較

JWCADとplusCAD水道の比較1 JWCADとplusCAD水道の比較2 JWCADとplusCAD水道の比較3
機能名 JWCAD(汎用ソフト) plusCAD水道
サポート体制 本とインターネットで学習・友人 訪問・電話・遠隔の3つのサポートをご用意
画像データ 取り込み不可 JPG・TIFFなどの取り込みが容易
操作性 パソコン上級者でも慣れるまでは
操作が難しい
水道業界に特化しており、
現場の知識がなくても直感的に操作可能
記号・設備 メーカーからの提供データや
フリー素材を探すか自作する
自治体ごとの表記指定に応じた記号や
設備のデータを豊富に搭載
配管図面 すべて自作 配管の種類を設定すると自動で作成
水道業界に
特化した機能
なし アイソメ図や縦断面図、材料の拾い出し表、日報、
給水本管などの作成が自動

オートマ車のアクセルを踏むだけで運転できるように、マウスクリックだけで操作できる

車のアクセルを踏むように、マウスクリックだけで簡単操作

無料のJWCADソフトは初期投資が必要ない反面、
基本的に線や点、円などを配置して図面を作成することしかできません。
使いこなすためにはある程度の知識や学習が必要です。

一方水道工事に特化した「plusCAD水道」なら、紙図面をスキャナーで取り込み、その上をマウス操作でなぞれば間取図が
カンタンに作成可能です。

車のアクセルを踏むように、マウスクリックだけで簡単操作

ヘッダーや台所、トイレなどの設備もペタペタと図面上に設置でき、間取図から自治体の申請書式に応じた配管図面や立面図(アイソメ)、縦断面図などの付帯する図面も自動で
作成できます。

導入効果は想像以上!業務効率化でプライベートも充実!
慣れれば汎用ソフトでも、手書きに比べて短時間で図面を書くことができるでしょう。ただしそれでは業務の大幅な効率化にはなりません。「plusCAD(プラスキャド)水道」は痒いところに手が届く機能で、図面にかかる時間を大幅に短縮。導入には多少の初期投資が必要ですが、工事そのものや営業に費やす時間、プライベートを充実させる時間を確保して豊かな生活を実現するお手伝いをいたします。
  • 導入効果は想像以上!業務効率化でプライベートも充実!1
  • 導入効果は想像以上!業務効率化でプライベートも充実!2

あらゆる申請様式に対応出力サンプルの紹介

疑問に答えて不安を解消!よくある質問

汎用CADにはない多彩な機能資料請求・お問い合わせはこちら

資料請求はこちらから

Page top